いったい神様ってなんだろうか

神待ちを始め、神対応だなんだと、やたら神を使いたがる今の風潮ですが、そもそも神様っているんでしょうかね。

少なくとも、なんでこの子がこんなひどい目に合わないといけないのかなんて事件や事故のニュースを見ると、あーやっぱり神様なんていないんだと思うのです。

だって、じゃあなんで神様はこの子がこんなひどい目に合わされるのをとめてくれなかったのってなるからです。

よほど前世で何か悪いことをしたの?そんなふうには思えません。

さて、だからといってぼくは神様を信じないというわけではありません。その理由にぼくは月に一度は必ず神社にお参りに行っています。そこでいつもありがとうございますとお礼を伝えるのです。

で、ここが一番大事なのですが、ぼくは神様にお礼を伝えていますが、これは実はぼくに対して戒めているんですね。自分がちゃんと真っすぐ歩いているか、歩いていますよ、歩いていかねばと確かめているのです。

リセットをしに行っていると言ってもいいです。おかげさまで新しい月を迎えることができました。いつも沢山の良いエネルギーをお送り頂きありがとうございます。とお礼を伝えているのです。

神様は自分をうつす鏡だと思います。待つものではありません。jメール